アニメ・声優情報ポータルサイト

エキサイトアニメニュース
6月28日発売 科学アドベンチャーシリーズ『ROBOTICS;NOTES』主題歌はZweiに決定!
5pb.とNitroplusのコラボレーションによって、Windows(R)、Xbox 360(R)、PSP(R)とマルチプラットフォームでリリースされ、『CHAOS;HEAD』『STEINS;GATE』に続く、科学アドベンチャーシリーズ第3弾となる『ROBOTICS;NOTES』が2012年6月28日にXbox 360(R)、PS3(R)用ソフトとして同時発売が決定!!
『ROBOTICS;NOTES』のオープニングテーマを担当するアーティスト「Zwei(ヅヴァイ)」が取材に応じてくれた。

e0025035_16592493.jpg--ゲーム『ROBOTICS;NOTES』主題歌のお話が届いた時の感想を聞かせてください。

Ayumu:元々からロボット系のゲームやアニメに関われたら良いなと思っていたので、今回このような話を頂いて、すごく嬉しいですし、気持ち良く歌わせていただけました。

Megu:今までポップスやロックシーンで活躍していた中、最近はゲームの世界にも進出させて頂いてる中で周りの方から「Zweiってロボット系とか、戦隊物の曲が合っているんじゃないか」というお声をたくさん頂いていた中で、タイミング良く、『ROBOTICS;NOTES』の主題歌のお話を頂きました。今回の『ROBOTICS;NOTES』っていうのはロボットがテーマになっているので、Zweiが関われたのは必然だったのではないかと気合が入っているところです。

--第3弾となる科学アドベンチャーシリーズですが、前シリーズの印象はいかがでしょうか?

Megu:第2弾の作品である『STEINS;GATE』を最近クリアしまして……(笑)。今は第1弾の『CHAOS;HEAD』をやっていて、教科書みたいだなって思ったんです。前の作品もそうなんですけど、自分がわからない化学のことを説明してもらって、わかるようになったんですよ。それが、ひとつの教科書みたいというか、勉強にもなる。遊びながら学べるっていうのは、大人としても子供としても良いのではないかと思いました。

Ayumu:まず科学アドベンチャーって名前が単純に好きです(笑)。あまりゲームは得意じゃないんですけど、(手元にある作品資料を見ながら)この空の絵が大好きで「気持ちえーわー」って思いました(笑)。

--爽やかな、学園の青春ドラマのような感じですよね。

Ayumu:そうですね。私も高校時代バレーボールとかをやっていて、すごく青春していたんですよ。だからこの絵からもドキドキ感が伝わってくるんですよね。早く映像として見てみたいと思いました。

--では、今作『ROBOTICS;NOTES』のイメージや印象はどのようなものでしょうか?

Megu:シリーズ物の作品は前の作品の要素が取り入れられているじゃ無いですか。だから『ROBOTICS;NOTES』はどの場面、どの言葉、どの風景が取り入れられているのかが気になりました。『CHAOS;HEAD』は妄想トリガーがあったり、『STEINS;GATE』はフォーントリガーがあったりと、今回のポケコントリガーというのが、ますます気になるところですね。「何をするんだろう?」と思って。「戦闘値を測るスカウターかな?」とか妄想していました(笑)。

--楽曲について、レコーディングをした感想を聞かせてください。

Megu:ゲームの作品に対して、改めて自分たちに何が出来るかって考え直しました。というのは、主役っていうのはゲーム作品であってアーティストっていうのはその後についてくるものなのかなって自分たちでは思っているんですよね。私たちの力でその主役をどれだけ引き立たせられるのかというのをすごく重視して考えて演奏しました。今回のアレンジャーさんはZweiがいつもお世話になっていた大島こうすけさんという方で、いつも「チャレンジ」というか「挑戦」を与えてくれる方なんですね。今回の楽曲では、すごくテクニカルなところを作ってくださったり、キメの部分が多かったり。大島さんはいつもライブを想像して作ってくれる方なので、曲を聴いた時点で私たちがここでステージングを想像できる曲になっているなと思いまして、早くライブで演奏したいですね。

Ayumu:今回はロボットのお話ということで、ボーカリストとして色々考えて、自分の中で「みなさんの心に届くように」っていうのをテーマにしました。「音楽をずっとやっている人が歌っています」という楽曲ではなく、高校生たちが気持ちよく青空の下で口ずさんじゃうような形で聞こえてくれたらいいなと思ってまして。そういうテーマで今回やらせてもらいました。

--『拡張プレイス』の聴きどころはどこでしょうか?

Ayumu:後半の部分で、全部歌が終わった後に♪~Wow Wow~♪と叫ぶところがあろんですけど、そこはみなさんで手を空に振り上げて歌う映像が私の中にインプットされてるので、そこは絶対やって欲しいんですよね! だって夏じゃないですか! 夏で叫ばないでどうするっていう(笑)。そこがポイント。誰でも出来ますから(笑)。詞の面で言いますと、2番の♪~強く大地に立て 僕らが生きたその証~♪というのがとても、自分の中では身震いがするような、確信を得て「強く生きたい」という心の叫びと想いが自然と入っちゃったので、是非みなさんにはそこを聞いて欲しいですし、全体的にも気持ちよく聞いていただきたいです。

Megu:今回はキメや間奏部分はここぞとばかり男前なベースとギターの格好いいリフなどがあるので、ライブのステージでは私を見て欲しいと思います(笑)。

--『拡張プレイス』は志倉さんが作詞・作曲をご担当されましたが、この歌詞からZweiを通して伝えたいことはどんなことでしょうか?

Ayumu:ひとりの人間が夢を描いて、部活の生徒から島の人達、そして日本中、世界中とどんどん拡張していく物語になっています。人は良いところも悪いところもたくさんあると思いますけど、良いものがあつまるとそのパワーってもの凄いエネルギーになるから、それが世界中に拡張して、本当に現実に起きちゃうって事がこの曲にも入っているので、そこを感じて、マイナス思考よりもプラスで考えて聞いて欲しいと思います。

Megu:夢がありますね。自分次第で可能性は十分にあるんだという夢を与えてくれる。「世界を救うのはヒーローじゃ無い。オタクだ。」というこの文章。夢を与えていると思いました。

--Meguさんにお伺いしたいのですが、冒頭にて、前作の『STEINS;GATE』をプレイされたとのことですが、前作のご感想はいかがですか?

Megu:主人公の男の子が中2病っていう所がまずポイントではないかと思ったんですけど、その彼が人を助けるためにものすごく一生懸命なんですよ。その一生懸命さっていうのは、今の時代の子達には刺激を受けるのではないかと思います。その彼をプレイしていくうちに自分ももっと頑張んなきゃと思ってくるんですね。

--今作『ROBOTICS;NOTES』も主人公もゲームオタクで、現代の子供たちを表しているような存在ですよね。

Megu:ゲーマーというかオタクと呼ばれている人達って、ひとつのものについて熱心に研究にしている人だと思うので、自分は素晴らしいと思うんですよ。世間的にオタクっていうのは賛否両論あると思うんですけど、自分はある物に対して一生懸命やるっていう精神力はすごく格好良いと思います。

--シリーズ3作目ということで、1作目の『CHAOS;HEAD』をいとうかなこさんが、2作目の『STEINS;GATE』を榊原ゆいさんが担当されましたが、過去に担当された方については意識されましたか?

Megu:自分は意識はしてないですね。今回の曲に対しても、聞いてくれる方に「やっぱZweiに歌って欲しい」「Zweiでよかったね」って言われたいと思っていて、そこの思いを音に表現していくことに重点を置いたので、他の作品の人はそのアーティストであって、私たちは『ROBOTICS;NOTES』を歌うアーティストっていう、違うものとして考えています。

Ayumu:『CHAOS;HEAD』と『STEINS;GATE』の楽曲は聞かせていただきました、近作は夏発売ということで爽やかな楽曲になっていますので、その時点で今までの楽曲とは違う形になっていると思います、夏=Zweiみたいなイメージになっていただけたら嬉しいですね。

--Zweiらしさをどのように出しましたか?

Megu:アレンジ部分でベースを生かしているフレーズを作ってくださったのがまた違うと思うんですよね。今回ギターソロっていうのもないし、キーボードもないので、そこもまず他の曲とは違うかな。メロディーラインがゆったりしている中で、バックのドラムや弦楽器が結構激しいプレイをしているところはAyumuさんと私の個性でもあったりして。そこは上手くバランスが取れているのかなと思っていますね。

--最初に「ロボット系」のアニメーションやゲームの主題歌を歌うように勧められたとおっしゃっていましたが、ご自身ではロボット系に合っていると思う部分はどこですか?(笑)

Megu:まずみなさんAyumuさんの声質が力強いと感じるみたいで、その力強さがロボットと重なるんじゃないかと思っています。

Ayumu:もともとギャバンが好きなので、そこからですかね(笑)。

Megu:あとイメージ的にも女々しいとかいうよりかは格好良いとか男らしいとかそういうことを言われることが多かったので、正義感というかそこがロボットに繋がるんじゃないかな、と思います。ちなみに私はエヴァンゲリオンとかアキラとか、好きです(笑)。

--ロボットを作る、というテーマのお話ですが、もしお二人がロボットを作るならどのようなロボットを作りますか?

Megu:私は純粋にメイドが欲しいと思っています(笑)。家に帰るとご飯を作ってくれて「お帰りなさい」と言ってくれるんですよ。みんなも欲しいと思いませんか? メイドロボット。・・・あえてロボットで(笑)。

Ayumu:ちょっとMeguと似ているんですけど、家事とか全部やって欲しいんですよね。でもその子いるとちょっと部屋のスペース取るじゃないですか(笑)。だから必要ない時はコンパクトに納まるみたいな感じのが欲しいですね(笑)。格好良いのを言えられれば良かったんですが……、すみません(笑)。

--読者のみなさまへのメッセージをお願いいたします。

Megu:みなさんが期待されている以上の作品に仕上がったと思いますのでみなさん心待ちにしていてください。

Ayumu:ここをスタートとして、今年の夏はZweiと『ROBOTICS;NOTES』、みなさんの一人一人が拡張していきましょう!

タイトル 『ROBOTICS;NOTES』
発売日:2012年6月28日発売予定
対応機種:Xbox 360(R)/PlayStation3(R)
価格 通常版:7,140円(税込)
限定版:9,240円(税込)
ジャンル:拡張科学アドベンチャー
プレイ人数:1人
CERO:審査予定
開発・発売元:5pb.

『ROBOTICS;NOTES』公式サイト http://roboticsnotes.jp/
Zwei公式サイト http://www.reussit.com/pickup/zweiii/zwei.html

※“PlayStation”、および“PS3”は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。
※Xbox、Xbox 360、Xbox 360ロゴは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

(C)MAGES./5pb./Nitroplus
[PR]
by ex_anime | 2012-03-31 20:00 | リリース情報 | Comments(0)
<< ちびまる子ちゃん×桑田佳祐、新... 『アルカナ・ファミリア』201... >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
ライブ・イベント情報
アニメ関連情報
リリース情報
インタビュー
その他
ニュース
熱烈!!アニソン魂関連
未分類
記事ランキング
以前の記事
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
more...
最新のコメント
『ベルセルク 黄金時代篇..
by red meizit at 18:19
1月31日(木)夜より地..
by meizitang at 18:19
TVアニメ「まおゆう魔王..
by slimming b at 13:20
品番:CL275003-5
by クリスチャンルブタン コピー at 15:50
パーティーバッグとしては..
by エルメス ベアン 長財布 at 15:55
コメント:クリスチャンル..
by ルブタン スニーカー at 15:55
【グッチ】【グッチシマ】..
by グッチ ボールペン at 15:04
HERMES エルメス ..
by エルメス 手帳 レフィル at 15:04
女性のサングラスを選ぶ瞬..
by ベルト ブランド at 20:56
3番目、オーデマピゲ、A..
by メンズ 腕時計 人気 at 22:20
最新のトラックバック
ディズニーiphoneケ..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニーiphoneケ..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニーiphoneケ..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニードリームアート..
from 最新お得情報
ディズニードリームアート..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ブログジャンル
画像一覧


おすすめ