アニメ・声優情報ポータルサイト

エキサイトアニメニュース
カテゴリ:ライブ・イベント情報( 1445 )
『劇場版 STEINS;GATE』BD&DVD発売記念 スペシャル・ファンミーティング開催決定
記事元

e0025035_18152894.jpg『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』のBlu-ray&DVDの発売を記念して、アニメイト、ソフマップにてスペシャル・ファンミーティングの開催されることが決定した。

『STEINS;GATE』は2009年に発売された想定科学アドベンチャーゲームで、同じく想定科学アドベンチャー『CHAOS;HEAD』の続編として同一の世界観を持つ作品。狂気の天才岡部倫太郎と、彼が創設した発明サークル「未来ガジェット研究所」のメンバーたちが、複雑に絡み合った「世界線」の謎に挑むという科学的なストーリーが大きな話題となった。
2011年4月から9月にかけてTVアニメ化もされており、原作トゥルーエンドに準拠したストーリーが展開されたほか、2013年4月には本編終了後のアフターストーリーを描いた劇場版『負荷領域のデジャヴ』が公開され、原作ファン、アニメファンの間で大好評を博している怪作だ。

今回発表されたファンミーティングは、『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』のBlu-ray&DVD発売を記念したもので、都内某所のアニメイトとソフマップで行われる。
いずれの店舗でもイベント参加方法は共通となっており、12月13日(金)に発売されるBlu-ray超豪華版・Blu-ray・DVDのいずれかを購入することで、商品受け渡し時にイベントチケット抽選購入申し込みに必要なシリアルコードを入手することができる。なお、抽選購入拳の引き渡し期間は12月13日(金)から2014年1月13日(月)となっているので、早めに手に入れておこう。

イベントは都内にて行われ、参加費は2,000円。登壇者はアニメイトとソフマップでそれぞれ異なり、アニメイトは主人公・岡部役の宮野真守さん、ソフマップはヒロイン・牧瀬役の今井麻美さんらとなっており、キャストトークショーやプレミアム抽選会などが行われる予定だ。
さらに、『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』の本編上映会も開催されるため、ファンの仲間たちとともに『シュタゲ』ワールドを体感できる貴重なファンミーティングとなりそうだ。

ぜひBlu-ray&DVDを手に入れて抽選に応募し、キャストとファンが一体となって『シュタゲ』を盛り上げていくファンミーティングに参加しよう。

公式サイト http://steinsgate-movie.jp/

『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』スペシャルファンミーティング

アニメイト
場所 :都内某所
料金 :2,000円(税込)
登壇者:宮野真守 ほか
・『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』本編上映
・キャストトークショー
・プレミアム抽選会ほか

【参加方法】
「アニメイト」にて、12月13日(金)に発売される『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』Blu-ray超豪華版・Blu-ray版・DVD版のいずれかをお買い求めのお客様へ、商品引渡し時に本イベントチケット抽選購入申し込みに必要なシリアルコード入り抽選購入券をお渡しいたします。
【抽選購入券お渡し期間】
2013年12月13日(金)~2014年1月13日(月)まで

ソフマップ
場所 :都内某所
料金 :2,000円(税込)
登壇者:今井麻美 ほか
・『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』本編上映
・キャストトークショー
・プレミアム抽選会ほか

【参加方法】
「ソフマップ」にて、12月13日(金)に発売される『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』Blu-ray超豪華版・Blu-ray版・DVD版のいずれかをお買い求めのお客様へ、商品引渡し時に本イベントチケット抽選購入申し込みに必要なシリアルコード入り抽選購入券をお渡しいたします。
【抽選購入券お渡し期間】
2013年12月13日(金)~2014年1月13日(月)まで

※一般販売の予定はございません。
※イベント内容、登壇者は変更になる恐れがございます。
※対象店舗にてBlu-ray超豪華版・Blu-ray版・DVD版のいずれかをご購入いただいた上で、別途入場料2,000円がかかります。
※イベント実施日、抽選購入方法に関しましては後日発表致します。
e0025035_11272645.jpg
(c)2013 5pb./Nitroplus STEINS;GATE MOVIE PROJECT
[PR]
by ex_anime | 2013-10-20 15:00 | ライブ・イベント情報 | Comments(0)
『キルミーベイベー』感謝祭イベントが11/10開催決定 Blu-rayBOXも発売
記事元

e0025035_17201923.jpg2013年11月10日(日)に、アニメ『キルミーベイベー』のファン感謝祭イベント「キルミーベイベー殺し屋祭り!」が開催されることが決定した。また、12月4日(水)にはテレビシリーズを収録したBlu-rayBOXが発売されることも明らかとなった。

『キルミーベイベー』は、カヅホ先生による人気4コマ漫画を原作とするTVアニメで、2012年1月から3月にかけて放送された。
普通の高校に通うやすなと、その友人で腕の立つ殺し屋であるソーニャが繰り広げるドタバタ騒動を中心としたギャグコメディで、純粋おバカなやすなと、それに手厳しいツッコミを入れるソーニャという構図がシンプルながらもテンポのいいコミカルさを生み出し、4コマ漫画ファンから人気を集めた。
10月16日(水)にはベストアルバムCDと新作アニメが収録された『キルミーベイベー・スーパー』が発売され、”キルミスト”と呼ばれるファンから早くも大好評となっている。

イベント「キルミーベイベー殺し屋祭り!」は、『キルミーベイベー』を愛する”キルミスト”たちへの感謝祭イベントとして開催される。先日放送された、ニコニコ生放送「キルミーベイベー 復活殺し屋ラジオ」にて開催が発表された。
メインキャストの赤﨑千夏さん、田村睦心さん、高部あいさん、そのほかアニメ製作スタッフが多数出演する予定で、キルミーベイベー関連の最新グッズ販売も予定されているなど、キルミストにとっては注目のイベントだ。
ニコ生終了後に行われた117人限定先着販売チケットは、およそ7分で完売するという大盛況。なお、先行エントリー期間は10月21日(月)の24時までとなっているので、忘れないよう早めにエントリーを済ませておこう。

また、年末の12月4日(水)には、TVアニメ全話を収録したBlu-rayBOXが発売されることが明らかとなった。原作者・カヅホ先生描き下ろしのレーベルや特製ブックレット、キャストコメンタリーのほか、殺し屋ラジオのスペシャルCDも収録した豪華BOXとなっている。

放送終了から1年が経ってもなお色褪せない人気を誇る『キルミーベイベー』。イベントに参加してさらに盛り上げていこう。

公式サイト http://www.tbs.co.jp/anime/kmb/
限りなく公式サイトに近いサイト http://killmebaby.tv/
公式Twitter @k_m_baby

『キルミーベイベー』キルミスト感謝祭イベント「キルミーベイベー殺し屋祭り!」
日程:2013年11月10日(日)開場 13:30/開演 14:00(16:00終了予定)
会場:ラフォーレミュージアム六本木(東京)
料金:3,939円 (税込・全席指定席)
内容:作品の制作秘話や楽曲に関するトークコーナー、生・殺し屋ラジオコーナー、???? 等
出演:赤﨑千夏(折部やすな)、田村睦心(ソーニャ)、高部あい(呉織あぎり)、EXPO(山口優、松前公高) ほか
e0025035_11272645.jpg
(C)カヅホ・芳文社/キルミーベイベー製作委員会
[PR]
by ex_anime | 2013-10-20 13:00 | ライブ・イベント情報 | Comments(0)
2014年は「ネオロマンス」20周年!  記念イヤーの"前夜祭"が開催決定
e0025035_1219111.jpg
女性向けゲーム「ネオロマンス」シリーズが2014年に20周年を迎えることを記念して、本シリーズを題材にした声優イベント『ネオロマンス 20th アニバーサリー・イヴ』の開催が決定した。当日出演予定のキャストと旅行プランについて詳細が発表となった。

本イベントは、「ネオロマンス」シリーズにてキャラクターの声を演じる豪華声優陣が出演するもので、シリーズの魅力あふれるドラマやライヴを披露する。

【ネオロマンス 20th アニバーサリー・イヴ詳細】
◆日程: 2013 年12 月14 日(土)、15 日(日)
昼の部:13:00 開場/13:30 開演
夜の部:17:30 開場/18:00 開演
※ 公演の時間は変更になる場合がございます。
※ 会場近隣へのご迷惑となりますので、公演前日の夜および、公演当日の朝
8:00 以前に会場周辺に集合したり、並ぶなどの行為はご遠慮ください。
※ 安全のため、2 階席、3 階席の最前列のお客様は、公演中立ち上がってのご
観覧はご遠慮ください。
※ 後方のお客様の視界の妨げとなる髪型やお帽子の着用はお控えいただきま
すようお願い申し上げます。
※ 応援グッズやサインライトをご自身の身体の範囲以上に振り回すと、周りの
お客様の視界の妨げになる可能性がありますので、ご遠慮ください。
※ 公演中の携帯電話、スマートフォンなどの操作は、周りのお客様のご迷惑に
なりますので、ご遠慮ください。

◆会場: パシフィコ横浜 国立大ホール
みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩3 分/JR 桜木町駅 徒歩12 分

◆入場料(税込): SS 席通し券(4 公演分):35,200 円(GAMECITY 優先販売のみ)
SS 席:8,800 円(GAMECITY 優先販売のみ)
S 席:7,300 円(GAMECITY 優先販売、一般販売)
A 席:5,800 円(GAMECITY 特別販売、一般販売)

◆チケット販売
・GAMECITY 優先販売
【申し込み受付期間】2013 年10 月25 日(金)11:00~10 月30 日(水)17:00
・一般販売
2013 年11 月23 日(土)~12 月10 日(火)

◆ 旅行プラン(抽選制)
・プレミアムプラン:SS 席チケット2 枚付き宿泊プラン
・カジュアルプラン:S 席チケット2 枚付き宿泊プラン
・旅行プラン限定オリジナルQUO カード(非売品)プレゼント
・オフィシャルグッズ事前予約
【各種旅行プラン】
・ 「プレミアム」プラン
1. SS 席2 枚:14 日(土)夜の部+15 日(日)昼の部
2. みなとみらい地区デラックスホテル:選択可
3. プラン特典(参加者全員特典 + オフィシャルグッズ事
前予約権、専用休憩室利用権、宅配便サービス)
・ 「カジュアル」プラン
4. S 席2 枚:14 日(土)夜の部+15 日(日)昼の部
5. 横浜市内ホテル:選択可
6. プラン特典(参加者全員特典 +パンフレット&サインライト事前予約権、専用休憩室利用権、宅配便サービス)
【申し込み受付期間】
2013 年10 月17 日(木)~10 月22 日(火)
※詳しくはこちら→ http://www.knt.co.jp/ec/2013/neoromance12/

◆出演者(敬称略): 速水奨(ジュリアス役)
森川智之(エルンスト役)
高橋直純(イノリ/イサト/ヒノエ/遠夜役)
井上和彦(橘友雅/翡翠/梶原景時/風早役)
保志総一朗(永泉/源泉水/平敦盛/布都彦役)
寺島拓篤(桐生瞬 役)
阿部敦(チナミ役)
岡本信彦(沖田総司役)
立花慎之介(小松帯刀役)
高橋広樹(レイン役)
楠大典(マティアス役)
ほか
※出演者は予告なく変更になる場合があります

◆チケット販売
一般販売2013 年11 月23 日(土)~12 月10 日(火)

◆更衣室: 会場内に更衣室とクロークをご用意しております。
それぞれの利用料は500 円となります。
※クロークは1 回のご利用につき500 円となります。

◆問い合わせ先: イベント事務局
【TEL】045-561-6896
【開設予定期間】11 月25 日(月)~12 月13 日(金)
土日祝日を除く平日10:00~17:00

■ 公式サイト(PC)
http://www.gamecity.ne.jp/neoromance20th/
■ 公式サイト(モバイル)
http://www.gamecity.ne.jp/neoromance20th/

(c)コーエーテクモゲームス
[PR]
by ex_anime | 2013-10-19 10:07 | ライブ・イベント情報 | Comments(0)
井上麻里奈さん、伊藤かな恵さんがおくるラジオ『神戸前向女学院。』が1年ぶりのイベントを開催
e0025035_11435887.jpg
『ラジオ関西 アニたまどっとコム』の人気ラジオ番組『神戸前向女学院。』の毎年恒例の番組イベント『前向祭』が、2013年12月8日(日)に日本教育会館 一ツ橋ホールにて行われることが決定。最新の番組放送回にて告知された。

このラジオは、井上麻里奈さんと伊藤かな恵さんが学校設定(!?)の元、放課後トークのようなのんびりゆるゆるとしたトークをリスナーに届けているラジオ。最近の身の回りの出来事やお気に入りのコトから何でもないネタまで、二人が好きに語っていることで人気を博している。番組恒例のイベント『前向祭』もそのような雰囲気を反映しつつ、リスナー参加型の企画を多数盛り込んで、ラジオ放送開始後から年に1回、毎年開催してきた。今年のイベントは、これからの放送で、リスナーから色々と意見を集めつつ内容を固めていくとのことなので、要チェックだ。

尚、イベントのチケットは、10/18(金)25時から放送される本番組にあわせて『マリン・エンタテインメント先行受付』が開始される。チケットは、『スペシャルトークCD』と『CDジャケット型メッセージカード』が特典となっている『特典付指定席』と、『通常指定席』の2種が同時販売される。他、詳細はイベント公式HPや番組公式ブログ、または『マリン・エンタテインメント』男性向け公式ツイッターにて公開されるので、気になる方は予め確認しておこう。

【イベント情報】
前向祭2013 明日やろうは馬鹿野郎~俺たちの今年はこれからだ~
● 日時:2013年12月8日(日)[開場]17:00 /[開演]18:00
● 会場:日本教育会館 一ツ橋ホール
● 出演:井上麻里奈、伊藤かな恵(敬称略)
● チケット価格:
[特典付指定席]5,900 円(税込)
※ 特典は『スペシャルトークCD』『CDジャケット型メッセージカード』(特典は当日、会場でのお渡しとなります)
[通常指定席]3,900円(税込)
<受付方法(『特典付指定席』と『通常指定席』を同時販売)> 

◆ マリン・エンタテインメント先行
[受付期間] 2013年10月18日(金)25:00~2013年10月28日(月)23:59
※ 規定枚数になり次第終了。受付方法の詳細はイベント公式HPまたは公式ブログ等に記載

【関連サイト】
■ 『マリン・エンタテインメント』男性向け公式ツイッター
https://twitter.com/Marine_ENT_MEN
■ 神戸前向女学院。イベント『前向祭2013』公式HP
http://www.marine-e.net/sp/maemuki2013/
■ 神戸前向女学院。番組公式ブログ
http://maejo.seesaa.net/

(C) MARINE ENTERTAINMENT
[PR]
by ex_anime | 2013-10-18 13:00 | ライブ・イベント情報 | Comments(0)
2014年1月、ついに初のClariS企画イベントの実施が決定!!
e0025035_1817314.jpgついに初のClariS企画イベント「New Year’s Festival~始まりの予感~」の開催が決定!!
一度も姿を見せたことのないClariSの2人が初めて企画した新感覚のエンターテイメントショー。いつも応援してくれているファンの皆さんに楽しんでもらいたいという気持ちを込め、現役高校生ClariSのたくさんのアイデアを詰め込んだClariSワールドがZepp TOKYOで繰り広げられます。何が飛び出すかわからないメルヘンとファンタジーの世界。
年初めのClariS企画イベントにぜひご参加ください!

タイトル:ClariS presents 「2014 New Year’s Festival 始まりの予感・・・」
開催:2014年1月5日(日)
会場:Zepp TOKYO
開場:15:30
開演:17:00
Festival Ticket:¥4,000円(税込、プレゼント付)ドリンク代別
チケット発売日:2013年12月8日(日)
問合せ:ディスクガレージ050-5533-0888(平日12:00〜19:00)
※ 公演内容に関するお問合せには、お答えできませんので御了承下さい。

<<ファンクラブ先行受付のご案内>>
本公演の先行受付をClariSオフィシャルファンクラブ「ClariS Room」で行います。
抽選受付期間
10/20(日)15:00~11/05(火)23:00迄
※本先行受付は抽選受付となります。
※受付対象者 2013年10月27日(日)までにファンクラブ会費を入金完了の方

ClariSオフィシャルファンクラブ「ClariS Room」
http://www.runtime-familyclub.jp/fc_claris.php
[PR]
by ex_anime | 2013-10-17 18:30 | ライブ・イベント情報 | Comments(0)
「テニプリフェスタ2013」レポート 青学(せいがく)、氷帝、立海、比嘉、四天宝寺、U-17が勢揃
記事元

2013年9月21日(土)、東京・日本武道館にて「テニプリフェスタ2013」東京公演が開催された。
2008年の「テニスの王子様 100曲マラソン」、2009年の「テニプリフェスタ2009」、2011年の「テニプリフェスタ2011 in 武道館」を経て、今回で4度目の開催を迎えた「テニプリフェスタ2013」。前回よりおよそ2年半ぶりの開催となる今年は、2009年に連載スタートし、2012年にアニメ化放送された『新テニスの王子様』プロジェクトとして開催された。
e0025035_1954465.jpg
当日は天候にも恵まれ、物販列は朝から大盛況。”テニプリ”の人気を裏付けるかのように大きな賑わいを見せていた。
9月15日(日)に開催された滋賀公演から始まった「テニプリフェスタ2013」、その締めくくりとなる東京・夜公演が始まる17時半頃。イベント開催直前のアナウンスが流れ、ついに「テニプリフェスタ2013」最終公演がスタートだ。
イベントタイトルがステージ中央のスクリーンに映し出されると興奮の声と拍手が鳴り響き、次々と登場するキャラクターのイラストと名前に合わせ、客席からはキャラクターたちの愛称を呼ぶ声が一斉に上がった。夜公演の出演者は総勢45名と決して少なくはない人数だが、キャラクターを呼ぶ声は決して途切れることなく、各校のカラーに合わせてサイリウムの色を変えるなどまさに”一致団結”で応える観客席。最後に原作者の許斐 剛先生の名前が登場すると、割れんばかりの拍手と「先生!」コールに包まれた。

オープニング上映が終わり、待ちに待ったステージがスタート。まずは青学(せいがく)、氷帝、立海、比嘉、四天宝寺の中学生メンバーがステージに飛び出し、今回のイベントのための新曲「テニプリFEVER」を初披露だ。新曲ではあるものの観客のノリは絶好調で、サビでは出演者と共に「Yeah!」の掛け声でジャンプを決めるなど、イベント1曲目とは思えぬ大盛り上がりを見せた。
2番に入り、ステージ中央に降りてきたゴンドラに乗っていたのは――なんと、原作者の許斐 剛先生。楽曲終了後、新曲はどうでしたか?と客席に向かってきた問いかけた先生は、客席から帰ってきた「楽しかった!」の大歓声に、満足げな笑顔を見せた。

1曲目が終わり、2曲目を披露するのはどこの学校かと揉める各校たち。「(昼公演には出られなかった)白石部長が帰ってきた四天宝寺でしょ!」、「ここは跡部家が所有する東京都だから、氷帝が先だ!」など一歩も譲らぬ展開の中、颯爽と現れたのは『新テニ』からの新キャラクター”U-17(アンダーセブンティーン)”のメンバーたちだ。
「俺のハートに火を付けちまった!」と叫ぶ鬼 十次郎(遠藤大智)にはじまり、息の合ったダンスパフォーマンスで魅せた天理とん平(山岸門人)&天神耕介(加藤良輔)、大人っぽくムーディーな―音色の大和祐大(池田政典)。大量の”オッサンコール”を浴びながらパントマイム風のダンスとバク転を披露した中河内外道(どうじょう拓人)、とびきりの笑顔で魅了する入江奏多(相葉裕樹)、そしてラストを飾った徳川カズヤ(小野大輔)と、ノンストップな”U-17(アンダーセブンティーン)”ステージが繰り広げられた。

高校生組の後は、遠山金太郎(杉本ゆう)のコールで”中学生組”のステージがスタート。
”楽しんだモン勝ち”精神の四天宝寺は全員揃ってカーニバル風の衣装、”王者”立海は威風堂々とした姿で盛り上げ、”沖縄”の比嘉はエイサーの小太鼓片手に登場。”氷のプライド”で臨む氷帝はダークな演出で観客を魅了し、青学(せいがく)は「青学(せいがく)ファイオー!」の掛け声と共に爽やかに歌い上げた。

続いて行われた「ピクチャードラマ生アフレコ」では、比嘉と青学、それぞれの学校がU-17(アンダーセブンティーン)の合宿所に向かう途中のエピソードを披露。高校生に難癖を付けられ、缶倒しゲームに挑む各校のメンバーだが…?
ラストはもちろん、越前リョーマ(皆川純子)の「まだまだだね」。待ちに待った名セリフの登場に、会場は大歓声に包まれた。

ステージが暗転し、中央のスポットライトに照らされた許斐 剛先生が登場。アコースティックギターと共に、ファンへの感謝を込めた新曲「テニプリを支えてくれてありがとう」を歌い上げた。ラストのサビでは会場一体となって「ラララ」の音色を奏で、曲の合間には許斐先生から感謝のメッセージが語られた。

続けて披露された「Brave heart」では、許斐先生&テじゃ俺300メンバーの不二周助(甲斐田ゆき)、菊丸英二(高橋広樹)、海堂 薫(喜安浩平)、跡部景吾(諏訪部順一)、鳳 長太郎(浪川大輔)、ジャッカル桑原(檜山修之)、切原赤也(森久保祥太郎)、甲斐裕次郎(中村太亮)、白石蔵ノ介(細谷正佳)、金色小春(内藤 玲)によるコラボレーションが実現。「テじゃ俺300」に続いて登場した「メガネ☆セブン」の忍足侑士(木内秀信)、手塚国光(置鮎龍太郎)、乾 貞治(津田健次郎)、柳生比呂士(津田英佑)、木手永四郎(新垣樽助)、金色小春(内藤 玲)、越前リョーマ(皆川純子)は”光る眼鏡”着用で登場し、歌とダンスで客席を大きく盛り上げた。

ユニット組ラストは、青学(せいがく)メンバーの菊丸英二(高橋広樹)、乾 貞治(津田健次郎)、河村 隆(川本成)、桃城 武(小野坂昌也)、海堂 薫(喜安浩平)の「キャップと瓶」。ファンからも”可愛い”と愛されるメロディーとダンスがスタートしたかと思いきや――桃城がまさかのボイコット!?
突如始まった内輪揉めにハラハラ(?)しながらステージを見守る観客達。なんでも今年のバレンタインチョコの結果が全員酷かったことを受け、”可愛い”ではなく”カッコいい”を目指そうということらしい。そんな桃城の合図により、「キャップと瓶」の”カッコいいver.”こと”ミュージカルver.”がスタート! メロディーに乗せて華麗なダンスを披露し、さらにワイヤーを使って空へと舞いあがるという”カッコよすぎる”桃城に観客は騒然。最後は満足したメンバーたちに置いて行かれるというなんとも桃城らしいオチに「やっぱりお笑いが一番だね!」と剽軽な笑顔を見せた。
また、「テニプリフェスタ2013」メイキング映像として、9月15日(日)に開催された滋賀公演から日本武道館までを走る”メッセージトラック”の映像や、イベントへ向けて練習を積む出演者たちの姿が上映され、客席からは拍手が沸き起こった。

「テニプリフェスタ2013」東京公演もついに後半戦へと突入し、メドレー「テニプリ・ザ・セッション ~共鳴~」がスタートだ。アニメ『新テニスの王子様』のオープニングテーマを歌う藤澤ノリマサさんによる「未来の僕らへ」を皮切りに、怒涛のメドレー37曲が次々と披露された。
跡部の人気曲「KA・BA・JI」を樺地崇弘役の鶴岡 聡さんが歌い、さらに互いの肩を組んでからの背中合わせで大歓声を浴びた宍戸 亮役の楠田敏之さん&鳳 長太郎役の浪川大輔さんコンビ。ジャッカル桑原役の檜山修之さんの歌唱中に千手観音の如くの演出を見せた立海メンバーに、エアギターなどハイテンションで盛り上がるU-17(アンダーセブンティーン)メンバー。大人っぽく「KISS」を歌い上げた手塚国光役の置鮎さんから次曲「俺様の美技に酔いな」を歌う跡部景吾役の諏訪部さんへのハイタッチ、財前 光役の荒木宏文さんと忍足侑士役の木内秀信さんによる「Winning Shot」など、各々ハグやハイタッチなどを交わしながら自らの”テニプリパワー”を次へと繋いでいく出演者たち。途中、桃城武役の小野坂さんが徳川カズヤ役の小野大輔さんの頬にキスを仕掛けるなどのハプニングはありながらも、最初から最後までノンストップで大きく盛り上がった。
ラストは再登場した藤澤ノリマサさんと共に、会場一体となって「未来の僕らへ」を歌い上げた。

エンドロールでも歓声と拍手は鳴り止まず、再び登場した43名の”テニプリオールスターズ”による「テニプって行こう」がスタート。曲の途中で中央から許斐先生が現れたことで更なる盛り上がりを見せる中、なんとここで許斐先生の口から「アニメ続編OVA制作決定」のサプライズ発表が行われ、会場は驚愕と歓声、割れんばかりの拍手に包まれた。なお、アニメの新情報などは、雑誌「ジャンプSQ.」(集英社)や『新テニスの王子様』公式サイト「ブレーク!テニプリ」などで随時発表予定とのことだ。
驚きの発表に続いて再び登場した藤澤さんと共に、ついにラスト曲「ENJOY」へ。ステージを所狭しと駆け回り、各校のコールも大合唱。『テニプリ』を愛するファン、出演者、関係者、そして原作者の許斐先生とが一つになった瞬間だ。

大盛り上がりのイベントがこれで終わる筈もなく、大きなアンコールの後、再びステージに姿を現したキャスト、藤澤さん、そして許斐先生と、合計45名の出演者たち。
各校の代表として、U-17(アンダーセブンティーン)から徳川カズヤ役の小野大輔さん、比嘉からはこの日誕生日を迎えた甲斐裕次郎役の中村太亮さん、立海からは幸村精市役の永井幸子さん、四天宝寺からは白石蔵ノ介役の細谷佳正さん、氷帝からは跡部景吾役の諏訪部順一さん、そして青学(せいがく)の手塚国光役の置鮎龍太郎さんと、主人公・越前リョーマ役の皆川純子さんが、会場に集まってくれたファンに向けてメッセージを語った。
最後に皆川さんが「俺たちは、テニプリは、まだまだ上に行くよ!」と名台詞で締め、鳴り止まない歓声と拍手の中「テニプリフェスタ2013」全公演は幕を閉じた。

シリーズ公式サイト http://www.tenipuri.jp/

テニプリフェスタ2013
出演者
越前リョーマ:皆川純子、木手永四郎:新垣樽助、手塚国光:置鮎龍太郎、甲斐裕次郎:中村太亮、不二周助:甲斐田ゆき、知念 寛:末吉司弥、菊丸英二:高橋広樹、田仁志慧 :上田燿司、乾貞治:津田健次郎、不知火知弥:井上優、河村隆:川本成、新垣浩一:加古臨王、桃城 武:小野坂昌也、海堂薫 :喜安浩平、白石蔵ノ介:細谷佳正、千歳千里:大須賀純、跡部景吾:諏訪部順一、金色小春:内藤玲、忍足侑士:木内秀信、一氏ユウジ:熊渕卓、向日岳人:保志総一朗、石田銀:高塚正也、宍戸亮:楠田敏之、財前光 :荒木宏文、樺地崇弘:鶴岡聡、遠山金太郎:杉本ゆう、鳳長太郎:浪川大輔、日吉若:岩崎征実、徳川カズヤ:小野大輔、入江奏多:相葉裕樹、幸村精市:永井幸子、鬼十次郎:遠藤大智、真田弦一郎:楠大典、平理とん平:山岸門人、柳蓮二:竹本英史、天神耕介:加藤良輔、仁王雅治:増田裕生、中河内外道:どうじょう拓人、柳生比呂士:津田英佑、大和祐大:池田政典、丸井ブン太:高橋直純、ジャッカル桑原:檜山修之、切原赤也:森久保祥太郎

セットリスト
―オープニング―
01「テニプリFEVER テニプリオールスターズ」許斐 剛&中学生
02「WELCOME TO HELL」鬼 十次郎
03「かませ犬のブルース」平理とん平&天神耕介
04「幻有夢現」大和祐大
05「誰だ! 今俺のことオッサンって言ったのは」中河内外道
06「キミについてもっと知りたいな」入江奏多
07「SURVIVAL DESTINY」徳川カズヤ
08「勝手に四天フェスタ」四天宝寺中学校
09「Destination」立海大附属中学校
10「比嘉チャンプルー」比嘉中学校
11「Get out the way」氷帝学園中等部
12「Tricolore」青春学園中等部
―ピクチャードラマ生アフレコ:比嘉編・青学編―
13「テニプリを支えてくれてありがとう」許斐 剛(UZA+POM)
14「Brave heart」テじゃ俺300(不二周助/菊丸英二/海堂 薫/跡部景吾/鳳 長太郎/ジャッカル桑原/切原赤也/甲斐裕次郎/白石蔵ノ介/金色小春/許斐 剛)
15「メガネ☆セブン」メガネ☆セブン(忍足侑士/手塚国光/乾 貞治/柳生比呂士/木手永四郎/金色小春/越前リョーマ)
16「飛んで! 回って! また来週(ハート) ~フェスタ2013武道館Ver~」キャップと瓶(菊丸英二/乾 貞治/河村 隆/桃城 武/海堂 薫)
―メイキング映像―
テニプリ・ザ・セッション ~共鳴~
M01「未来の僕らへ」藤澤ノリマサ
M02「DA・DA・DA」向日岳人
M03「愛の目盛り(Lovers The Game)」金色小春
M04「KA・BA・JI」樺地崇弘
M05-06「ANSWER|COSMOS」柳 蓮二|田仁志 慧
M07「世界は変わる」海堂 薫
M08「瞳を閉じて」忍足侑士
M09「道」乾 貞治
M10「Brilliant Brain」千歳千里
M11「Renaissance Earth」甲斐裕次郎
M12「HIKARI」切原赤也
M13「Wild」遠山金太郎
M14「Brandnew Days」宍戸 亮&鳳 長太郎
M15「ダリア」幸村精市
M16「ALL FOR THE BEST」不二周助
M17「や・き・に・く」トング隊(田仁志 慧 /知念 寛/樺地崇弘)
M18「SOLO BANG!~俺の名言集~」日吉 若
M19「Roman Ranman ~浪漫爛漫~」ジャッカル桑原(with 立海大附属中)
M20「We Love U-17(アンダーセブンティーン)」U-17(鬼 十次郎/平理とん平/天神耕介/大和祐大/中河内外道/入江奏多/徳川カズヤ)
M21「HI-side」知念 寛
M22「ジャンプだホイ」菊丸英二
M23「Oxidized Silver -いぶし銀-」石田 銀
M24「写真」河村 隆
M25「1/365の奇跡」仁王雅治
M26「ありったけの気持ち込めて」越前リョーマ
M27「go on」白石蔵ノ介
M28「手をつないで」不知火知弥&新垣浩一
M29「だろい?」丸井ブン太
M30「KiSS」手塚国光
M31「俺様の美技に酔いな」跡部景吾
M32「Gentry, Gently」柳生比呂士
M33「SAYONARA」桃城 武
M34「黒色(こくしょく)のオーラ」真田弦一郎
M35「Winning Shot」財前 光&忍足侑士
M36「恋瞬 -こ・い・ま・ば・た・き-」一氏ユウジ
M37「北極星(ニーヌファブシ)」木手永四郎
M38「未来の僕らへ」藤澤ノリマサ
―エンドロール―
EC1「テニプって行こう」テニプリオールスターズ
EC2「ENJOY」テニプリオールスターズ&藤澤ノリマサ
W-EC「テニプリFEVER」テニプリオールスターズ
e0025035_11272645.jpg
(撮影:木内章浩)
(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト
[PR]
by ex_anime | 2013-10-15 20:00 | ライブ・イベント情報 | Comments(0)
『やすこにっ』第4回イベントレポートが届いたよ!
e0025035_213882.jpg小西克幸さんと安元洋貴さんのイベント『やすこにっ』が9月15日(日)、東京・ニッショーホールにて開催! 4回目となる今回のサブタイトルは“ジャージといえば、アレをやります!”。初ゲストに代永翼さんを迎えて、3人が体力勝負に挑む! そして重大発表もあったイベントの模様をお届け!

●ジャージ姿で体力勝負。ゲストの代永さんの心配ごとは?

 『やすこにっ』とは小西さんと安元さんによる定期的に開催されているイベントで、毎回、二人が立ち向かうテーマを決め、「やすこにっVS ●●」の形でお送りしている。第4回はスポーツの秋にちなんで、「やすこにっVS スポーツ」。事前にお客さんへ「体操着で来てもいいよ!」と呼びかけた結果、客席には部活のユニフォームやジャージ姿の人もちらほら(後に、ブルマを着用したお客さんを探す2人だった)。

 開演直後、ステージにそろって上下ジャージ姿現れた小西さんと安元さん。センターに設置されたスタンドマイクに立つと、すっと手を挙げ、声を合わせて「宣誓!」。「私、安元洋貴はすごい頑張ってる、という体でお届けすることを誓います」、「私、小西克幸はすごい台風が近づいているので、いつもより巻きでお届けすることを誓います(笑)」と一人ずつ宣誓した後、タイトルコールでスタート。

 OPトークは、安元さんはスタッフが用意したジャージに対し「地方のヤンキーも真っ青だよ」とイベントではおなじみとなったスタッフいじりに続き、ゲストの呼び込む2人。「彼はメイクに時間がかかるの。みんなに見てほしいからこだわりもすごくて。最近、金髪にしましたこの方です!」という小西さんの呼び込みで代永さんがステージに登場。髪型を見た小西さんは「お前、編み込んでんじゃねぇか!」とファッションチェックから。恐縮する代永さんも白いジャージ姿だが、「(下着が)透けそうで怖い」と後ろを気にする仕草に客席からは「かわいい~」の声が上がった。

 ちなみに代永さんは『やすこにっ』の内容も知らず、スケジュールが押さえられていたそう。まだ2ヵ月に1度のイベント開催と聞いて、「ハイペースですね」と驚く代永さんに、「3カ月に1回だとみんなに忘れられちゃうんじゃないかって(笑)」と小西さん。

●3人の運動会での忘れられない思い出は?

 最初のコーナーは恒例の会場アンケート紹介。今回のテーマは「運動会での忘れられない思い出」。まず出演者の運動会の思い出を紹介。代永さんは「障害物競走で、ダンボールのキャタピラの中に入った時、前が見えない状態で進んでいったら、校長先生達が座っている来賓席に突っ込んで。校長先生はポカーンとしてました(笑)」。安元さんは「中高と男子校だったので、みんなが本気で怖かった。僕は柔道経験者だったけど、部に所属してないから柔道の競技に出られたので、投げまくった。みんなから『ふざけんな!』と怒られました」というと、小西さんも「あるよね。うちもバレーボールの競技にバレー経験者が5人いて、それで優勝しちゃった!」。

 会場のアンケート紹介では、最初、代永さんがアンケートを読み、安元さんと小西さんが書いた人の席へ行ってインタビュー。小学校の騎馬戦で武田軍と上杉軍に分かれ、最後は総大将戦でかぶとを取り合うという話題、お弁当のおかずがいなご、運動会で撮影席の取り合いで親同士が乱闘になった話など、爆笑ネタの連続。途中で代永さんが会場レポーター役になると、通路を通るたびにお客さんから下半身に熱い視線を向けられて恥ずかしそう。しかし、終盤ではすがすがしい表情で会場を歩いていた(笑)。


●体力対決3本勝負! 最初は握力。代永さんの意外な経歴も?

 テーマに挑む“VSコーナー”は、「やすこにっ」VS スポーツ。「やれんのかあ?」、「バカヤロー!」となぜか3人でアントニオ猪木のモノマネの応酬に。それぞれ20代、30代、40代に分かれているが、「みんな、アラサーでしょ?」と安元さん。劇団に所属する小西さんは体力があると予想する安元さんに「最近、稽古をやってないから太る一方で。新しいゲームも出ちゃったし、パソコンの前に座って、ぼりぼりお菓子食べてるからどんどん太るんだよ」という小西さん。代永さんは運動嫌いだが最近、歩行距離を増やしていて、2キロやせたそうで、期待できそうだ。

 体力測定の最初は握力。代永さんは39キロで、なんと65歳並。握り方が悪かったらしく再挑戦。「声を出すといい」という会場のアドバイスに従って、「う~ん!」と声を上げて握ると55キロと平均超え。安元さんは過去に右手首を骨折した影響か、44キロでわずかに平均に届かず。小西さんは「最近、手からモノが落ちるんです。老化かな」と握力の低下を口にしていたが「ああ~!」の絶叫で、52キロという結果で平均を超えた。

1位の代永さんに対し、「おばちゃんとか言われてたけど、立派な男です」(安元さん)、「やっぱり若いね!」(小西さん)と賞賛。代永さんが学生時代に水泳部だったと明かすと会場から拍手が。


●長座体前屈でわかった3人の体の硬さ

 2つ目は長座体前屈。「体硬いよ」と口にする3人。トップバッターの代永さんは背中を押されて、「痛い、痛い」と言いながらも57.5センチとまた平均超え。安元さんも悲鳴を上げながら58センチで同じく平均以上。「一発で脂汗が出るよ」と言う安元さんに、「じゃあ俺も脂汗出そうかな」とやる気を見せた小西さん。「息吐きながらやって!」のアドバイスに「よし!」と気合を入れたが、計測台を倒して計測不能の結果。小西さんいわく「たぶん50センチくらい」。それが事実なら平均値以上だが……。


●借り人競争で場内を走る3人。選ばれた中ですごいお客さんが!

 3つ目は借り物競争ならぬ“借り人競争”。まず箱から1人1枚ずつ条件を引いて、3つそれぞれに当てはまるお客さんを連れてきて、答え合わせするという企画。客席に降りて、3分間でおのおの条件に合いそうなお客さんを探す。小西さんは「お前ら俺に体を見せてくれよ!」と言いつつ会場を練り歩き、安元さんは「やんちゃしてたことがありそうな人は?」ときょろきょろ。代永さんは途中で条件を忘れて、何度もステージに戻っていた。選んだ人にシュシュを手渡していき、3分という制限時間を無視で、客席から条件に当てはまりそうなお客さんを探していた。

 ステージに選んだ3人と一緒に並んだところで、答え合わせ。3人の引いた条件は、「骨折したことがある」、「10歳以上年上の異性と付き合ったことがある」、「Tバックの下着を持っている人」だった。代永さんが選んだ女性の一人は全部当てはまったことを知り、会場全員驚きの声が上がった。結局、3人共1人ずつだったが、コンプリートの人がいた代永さんが勝利。総合優勝の代永さんには賞品は特にないと聞いた小西さんが「見られてもいいパンツを買ってあげる」と言っていたが、さて……。


●次回は11月24日! 来年1月19日には初の名古屋進出!!

 エンディングでイベントの感想を聞かれた代永さんは「いっぱいパンツを見ていただいてよかったかなと(笑)」。代永さんのパンツが見えたという人の問いにたくさん手が挙がり、「パンツかわいかったよ!」の声に「本当?」と優しい笑顔。「いろいろムチャ振りして、すまんね」という安元さんの言葉にも「汗をかくくらい動き回ったり、普段できないことができて楽しかったです」とスマイルでお客さんを魅了した。

そして次回の第5回イベントは2013年11月24日(日)、東京総合美容専門学校 マルチホールにて開催&2014年1月19日に名古屋市公会堂でイベントが行われることも発表された。「2,000人なんて2人じゃムリ!」と今から心配する安元さんに対し、小西さんは「名古屋で大暴れします!」と宣言。名古屋方面から訪れたお客さんに名物料理を聞いたり、待ちきれない様子。初めての名古屋で一体どんなイベントになるか、お楽しみに!

 来場するたびに参加ポイントがもらえ、3ポイント、5ポイント、10ポイントで景品がもらえる画期的なイベント。安元さんと小西さんと触れ合えて、ポイントを貯める楽しみのある『やすこにっ』。参加したことがない人もまだまだ間に合うので、ぜひ参加してほしい!

■『やすこにっ』第5回開催!
2013年11月24日(日)16時30分開場 17時30分時開演
東京総合美容専門学校 マルチホール
出演:小西克幸・安元洋貴
全席指定 4,000円(税込)
■購入方法
携帯サイト『声優アニメイト』 http://c.m-a-d.jp/mad/f/d295eff?guid=ON
※フィーチャーフォン/スマートフォン(Android/iPhone)対応
※一部非対応の端末がございます。
■先行販売
<申込期間>2013年10月1日(火)10:00~2013年10月7日(月)23:59
<当選発表日>2013年10月8日(火)
<入金締切>2013年10月15日(火)23:59
■一般販売
2013年10月19日(土)10:00~
※チケットは先着順の受付となり、無くなり次第終了となります。
※どなたでも無料でお申込み頂けます。
※お1人様2枚までとなります。

『やすこにっ』公式サイト http://www.fwinc.co.jp/yasukoni/
[PR]
by ex_anime | 2013-10-12 13:00 | ライブ・イベント情報 | Comments(0)
「ニコニコ町会議 全国ツアー2013」11月10日に大阪なんばで追加開催決定!
e0025035_112806.jpg<<ニコニコ町会議、関西で初開催>>

「ニコニコ町会議」は、2012年と2013年に幕張メッセで開催しそれぞれ約10万人の来場者が集まった巨大イベント「ニコニコ超会議」の地方出張版で、ニコニコの人気コンテンツを各地域の夏祭りと連携した形で楽しんでもらいながら、インターネットを活用した地域活性化を目的としたイベントだ。

昨年初開催し、今年は全国1719市町村中485市町村の応募から10町村が選ばれ(2カ所は台風で開催中止)、全国8カ所の開催で会場来場者数は18万5,000人、ネット来場者数(会場から行ったニコニコ生放送の視聴者数)は152万人を記録。ニコニコの様々なジャンルで活躍するユーザーによるパフォーマンスのほか、地方ならではの文化や特産品の紹介なども行い、イベントの模様はニコニコ生放送を通じて全国に発信された。

「ニコニコ町会議 全国ツアー2013」は、9月22日の名古屋での開催をもってファイナルを迎えましたが、関西ではこれまで未開催だったことや、関西在住のニコニコユーザーからの開催希望の声も多かったことから、このたび、大阪なんばで追加開催を行うことが決定しました。当日は、湊町リバープレイスを舞台に、ニコニコ動画やニコニコ生放送で親しまれている「歌」「踊り」「演奏」「ゲーム」「料理」「痛車」「コスプレ」などのコンテンツを体験型ブースとステージイベントで再現するほか、大阪なんばの町とも中継をつなぎながら地域の魅力を紹介していく。

e0025035_11271461.jpg「ニコニコ町会議in 大阪なんば」 開催概要
■日時:2013年11月10日(日)12時開演予定 ※入場無料。
■場 所:湊町リバープレイス(大阪市浪速区湊町1-3-1)
■出演者
【MC】百花繚乱、ドグマ風見、仮面ライアー217
【歌ってみた】√5
【踊ってみた】ギルティハーツ
【ゲーム実況】M.S.S Project
and more
■主 催:niconico
■公式サイト:http://ex.nicovideo.jp/chokaigitour

<<実施企画一覧>>
◆ステージコンテンツ
・町自慢:ご当地ならではのなんばの魅力を紹介する町自慢コーナー。
・町のど自慢・歌ってみた:特設ステージで会場来場者によるカラオケ大会を実施し、ニコニコ生放送でその様子を全国配信。
・町盆踊り:町会議のフィナーレに、やぐらを囲い町会議オリジナルの盆踊りを開催。
◆テントコンテンツ
・町ゲーム実況:ゲーム実況主が、会場や生放送視聴者とコミュニケーションをとりながら、皆で一丸となってゲームプレイを実施。
・町ユーザーマーケット:地元ユーザーが、自分の作品展示や物販などを行うことができるフリースペース。
・町ワークショップ:パフォーマンスや技術系など、人気動画投稿者と共にワークショップを体験できるコーナー。
・町集合似顔絵:来場者の方々の笑顔を1枚のキャンパスにおさめる、ニコニコの絵師による巨大似顔絵を制作。
・町料理&町フード:前年も好評を博した、ニコニコユーザー・百花繚乱による「たこ焼き」や、人気動画を再現したメニュー「オリジナル調合ポーション」を無料提供。
・町グッズ販売:東京・原宿「ニコニコ本社」でしか手に入らないグッズや「ニコニコ町会議」限定グッズ等を販売。
◆コーナーコンテンツ
・町ニコニコ神社:町会議のシンボルとしてニコニコ神社を設置し、定点カメラによるニコニコ生放送を実施。
・町踊ってみた:ニコニコの踊り手ユーザーによる、人気曲でのダンスレッスン。最後はステージでレッスンの成果をお披露目。
・町コスプレ:地元で活躍しているコスプレイヤーが一同に集まりお祭りを華やかに盛り上げる。
◆その他コンテンツ
・町ぐるり:なんばの名所・名店などを訪問し、地元の方々にインタビュー。開催地の魅力を全国に生中継。
[PR]
by ex_anime | 2013-10-11 12:30 | ライブ・イベント情報 | Comments(0)
彩音、naoらが参加した中国・広州のアニメイベントのレポートが届いたよ!
e0025035_1195175.jpg2013年9月28日〜10月5日の8日間、中国の広州市琶洲展示場にて、漫画アニメの総合イベント「中国国際漫画節CICF」が開催された。

アニメやゲーム、漫画作品などを題材にした各種グッズの販売やコスプレステージ、ライブやトーク、サイン会等のステージを中心としたイベントで、今年で6回目となる当イベント。

今回は、日本からD-51、彩音、nao、marinaの4アーティストを招いてのライブステージも開催。9月28日〜10月5日は中国では大型連休となっていた為、会場には多くのファンが詰めかけた。

10月1日(火)にはD-51と彩音のライブ&サイン会、10月2日(水)にはD51のライブ&サイン会が開催。

D51のライブでは、TVアニメ『ONE PIECE』主題歌「BRAND NEW WORLD」、TVアニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』エンディングテーマ「ファミリア」、ドラマ『ごくせん』主題歌として大ヒットした「NO MORE CRY」など5曲を披露して観客を沸かせた。

彩音のライブでは、劇場版アニメ『STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』エンディングテーマ「いつもこの場所で」、ゲーム『STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム』オープニングテーマ「フェノグラム」、PS3&Xbox360ゲーム『DISORDER6』オープニングテーマ「幻術のクロスロード」などの最新曲に加え、「嘆きノ森」や「ロマンシングストーリー」等の往年の名曲も披露した。

10月3日(木)から10月5日(土)の3日間はnao、marinaのライブ&サイン会が連日開催。

naoのライブでは、TVアニメ『超次元ゲイム ネプテューヌ』オープニングテーマ「Dimension tripper!!!!」や、Xbox 360ゲーム『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』オープニングテーマ「シンクロしようよ」、PS3ゲーム『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!』オープニングテーマ「極上HEAVEN」などを披露。

marinaのライブでは、TVアニメ『Angel Beats!』挿入歌「Clow Song」、ゲーム『少女神域∽少女天獄 -The Garden of Fifth Zoa-』オープニングテーマ「キミ∽ツナグ」などに加え、12月4日にリリースされるニューシングルよりPS3ゲーム『解放少女 SIN』オープニングテーマ「キミはもう、ヒトリじゃない」を初生披露。どこよりも早く中国のイベントでの生披露となり、会場に集まったファンも固唾をのんで見守っていた。
[PR]
by ex_anime | 2013-10-10 11:00 | ライブ・イベント情報 | Comments(0)
10月4日に行われた宮野真守、初・日本武道館ライブのレポートが届いたよ!
大成功で幕を閉じた音楽活動5周年のアニバーサリーを締めくくる初の日本武道館ライブ!!

e0025035_13273897.jpg10月4日(金)、宮野真守が男性声優ソロアーティストとして初となる日本武道館公演“MAMORU MIYANO SPECIAL LIVE 2013 〜TRAVELING!〜”を成功させた。THE ALFEEの高見沢俊彦やウルトラヒーローたちがサプライズゲストとして登場するなど、スペシャルな一夜となった今回のライブ。会場に集った約1万人のファンを前に、全20曲、約3時間のアツいライブを披露した。

タイトルに刻まれた『TRAVELING!』という言葉。その意味を解き明かす鍵はオープニングの映像にあった。謎の男が落としていった懐中時計。それを手にした宮野はなんと、時空を超え、いくつかの“時代”と“場所”へと時間旅行(トラベリング)をすることに。

最初に訪れた場所は《old JAPAN》。時代を示す表示が舞台上に映し出され、続いてサクラ吹雪の映像が流れる……。となると、オープニングを飾るのはもちろん「Identity」だ。雅やかな三味線の音色と重厚なバンドサウンドがシンクロし、会場を盛り上げると、ステージのセンターから爆音とともに白と紫の和装アレンジされた衣装で宮野がポップアップで登場。まさかの出現に会場からは悲鳴に近い歓声が上がる。その後も和風にアレンジされた「WONDER LOVE -remix-」、そして「Kiss×Kiss」とライブ定番のキラーチューンを連発。息もつかせぬスタートに、早くも会場のテンションはMAXに到達していた。

続いては黒と赤のオリエンタルな衣装にチェンジして「オルフェ」へ。ロックテイストあふれる曲でさらに加速すると、ここで最初のMCへ。『ついに来たぜ、武道館!』と声高々に叫ぶと、会場も大歓声で応える。その熱気を一度冷ますように「辻の華」でバラード曲をはさむと、その後はギターを抱え、再び激しい「Calling」へと続いていく。

次に、二番目の旅先《modern AMERICA》へと到着すると、雰囲気が一転。ステージ上には“CLUB ULYSSES”の文字が浮かび上がり、バンドはアメリカンクラブを彷彿とさせる、ゴージャスな音色を奏でていく。そのサウンドに合わせてメンバーが紹介されると、最後に宮野がピンクと黒の燕尾服を着て登場し、「愛の詩~Ulyssesの宴~」へ。イスを使ったセクシーなダンスを披露するなど、会場を沸かせた。その後は、先ほどまでのゴージャスな雰囲気から打って変わって、アコースティックコーナーへ。「FOREVER LULLABY」や「THANK YOU(reprise)」を丁寧に歌い上げ、ファンに感謝の気持を伝えた。中でも宮野自身による作詞曲「passage,」では、歌い終えたあとに、『あぶなかった……。ちょっと泣きそうになった』と照れ笑いも。

その後、次なる旅先は……?と期待がかかる中、スクリーンに現れたのは《Stone Age》の文字。石器時代……!?と戸惑う会場をよそに画面には原始人に扮した宮野が登場! ということは、もちろんお待ちかねのコント映像のコーナーだ。盟友・髙木俊扮する“母ちゃん”、福山潤演じる長男のジュンジュ、そしてサルにも見える三男・カジジの梶裕貴が絶妙なコンビネーションでコントを展開し、会場から大爆笑を誘っていた。

三番目に訪れた場所は《Future》。『なんだか、未来って宇宙っぽいね』とホワイト&シルバーのサイバーな衣装で登場した宮野。『ウルトラマンが出てきそうな感じがするけど……さすがに今回は来ないかなぁ』とつぶやくと、登場したのはなんとTHE ALFEEの高見沢俊彦! まさかのサプライズに悲鳴にも似た大歓声が湧き上がる。その声が消えぬ間に高見沢がギターを奏でると、「Legend of Galaxy 〜銀河の覇者」へ。高見沢俊彦のソロプロジェクト・Takamiyに宮野が参加した曲を、同じくステージに登場したウルトラヒーローたちが見守るなか、デュエットで披露するという何とも豪華な内容に。さらにもう一曲「ULTRA FLY」もコラボするなど、最高のひとときを演出した。

そしてここからは怒涛の後半へ。「スーパーノヴァ」「GOLDEN NIGHT -futuremix-」で会場をヒートアップさせると、いよいよ旅の終着点《NIPPON BUDOKAN》へ。「UNSTOPPABLE」「カノン」とまさに“止まらない”勢いでファンを魅了していった。そして最後の曲に宮野が選んだのは「未来」。『いつまでも皆さんとの関係が続くことを願って綴った曲です』と話し、これまでの過去、そして未来を思い描くように丁寧に歌い上げていった。

もちろん、これで終わることはない。会場からの「マモコール」に押し出されるように再びステージに登場すると、「Not Alone」を披露。そしてこの後、10枚目のシングルがリリースされること、また来年春にはツアーも予定していることが告知された。アンコールのラストは「Discovery」。そう、記念すべき宮野のデビューシングルだ。偶然にも旅や未来を綴ったこの曲は、ひょっとするとこの日のライブを暗示していたのかもしれない。

その後も、会場からの声援は鳴り止まず、ダブルアンコールへ。再び宮野がステージに現れると、会場全員で「J☆S」を熱唱。『最後はみんなで最高の笑顔を見せて終わろう』との掛け声通り、誰もが幸せにあふれたエンディングとなった。

音楽活動5周年の締めくくりを初の武道館ライブという最高の形で締めた宮野。しかし、これがまだ通過点であり、さらなる大きな未来が待っていることを私たちは誰もがもちろん知っている。はたして今後、どのような“Laugh & Peace”な世界を見せてくれるのか。ファンも、そして宮野自身もきっとワクワクしているに違いない。

〈セットリスト〉
1.Identity
2.WONDER LOVE -remix-
3.Kiss×Kiss
4.オルフェ
5.辻の華
6.Calling
7.愛の詩~Ulyssesの宴~
8.FOREVER LULLABY
9.passage,
10.THANK YOU(reprise)
11.Legend of Galaxy 〜銀河の覇者
12.ULTRA FLY
13.スーパーノヴァ
14.GOLDEN NIGHT -futuremix-
15.UNSTOPPABLE
16.カノン
17.未来
【ENCORE】
18.Not Alone
19.Discovery
【W ENCORE】
20.J☆S

<インフォメーション>
・10thシングルの発売が決定!表題曲は自身が主人公「うーさー」を演じるテレビアニメ「うーさーのその日暮らし」第二期(2014年1月から放送)の主題歌!
・来春ツアー決定!

宮野真守ホームページ:http://miyanomamoru.com
[PR]
by ex_anime | 2013-10-07 14:00 | ライブ・イベント情報 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
ライブ・イベント情報
アニメ関連情報
リリース情報
インタビュー
その他
ニュース
熱烈!!アニソン魂関連
未分類
記事ランキング
以前の記事
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
more...
最新のコメント
『ベルセルク 黄金時代篇..
by red meizit at 18:19
1月31日(木)夜より地..
by meizitang at 18:19
TVアニメ「まおゆう魔王..
by slimming b at 13:20
品番:CL275003-5
by クリスチャンルブタン コピー at 15:50
パーティーバッグとしては..
by エルメス ベアン 長財布 at 15:55
コメント:クリスチャンル..
by ルブタン スニーカー at 15:55
【グッチ】【グッチシマ】..
by グッチ ボールペン at 15:04
HERMES エルメス ..
by エルメス 手帳 レフィル at 15:04
女性のサングラスを選ぶ瞬..
by ベルト ブランド at 20:56
3番目、オーデマピゲ、A..
by メンズ 腕時計 人気 at 22:20
最新のトラックバック
ディズニーiphoneケ..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニーiphoneケ..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニーiphoneケ..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニードリームアート..
from 最新お得情報
ディズニードリームアート..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ディズニー・ドリームアー..
from ディズニードリームアートフェ..
ブログジャンル
画像一覧


おすすめ